矯正歯科を活用すれば歯並びはよくなる

歯並びの治療

歯並びを治す治療に歯の矯正があります。
治療は矯正歯科で行われ、出っ歯やすきっ歯(空隙歯列)、開咬や受け口、乱杭歯などを治すことができます。
因みに開咬とは噛み合わせを指し、奥歯は噛んでいるのに前歯が噛み合わず、常に上下前歯の間いに隙間のある状態をいいます。
また、乱杭歯は歯科の専門用語では叢生(そうせい)と呼ばれ、乱れた歯並びを指します。

歯並びが悪いと、口の中が見えたときに相手に悪い印象を与えたり、見た目だけでなく口腔内や体にも様々な悪影響を及ぼす可能性があります。
例えばしっかり噛めないために食事に時間がかかったり、胃や腸など消化器官への負担が重くなることで消化不良の原因にもなります。

矯正歯科で行われる治療は、一般的に知られているものとしてワイヤーを用いた方法があります。
この方法は上下の歯を前歯から奥歯までブラケットとワイヤーによって歯を引っ張り、きれいな形へと動かしていきます。
ブラケットの装着は平均で約2~3年程度になり、外した後はブラケット装着期間の約2倍程度の期間にわたり後戻り防止装置を付けることになります。
基本的に歯を削ることは無く、場合によっては数本の抜歯が行われることもあります。
ワイヤーによる方法は矯正をしていることが外から分かるために敬遠されることが多く、特にモデルなどを職業とする人には治療を受ける決心がつかない大きな理由になっています。

歯列矯正ではセットバック法と呼ばれるものがあります。
出っ歯や受け口の修正に用いられ、美容外科の上顎分節骨切り法が該当します。
この方法は上顎骨が付いたままの状態で骨切りを行い、理想的な場所まで後方に移動させるという最も効果的な治療になります。

外から見えない方法としては裏側矯正があります。
別名「舌下矯正」または「リンガル矯正」とも呼ばれるこの方法は、外からは矯正装置が見えません。
ただし、裏側に装置を付けるために食事や発音、歯磨きが困難になったり舌への違和感を感じるという難点があります。
また、表側の矯正に比べ約1.5倍と費用が高く、クリニック側にも硬度が技術が求められます。

矯正歯科で最近新しい治療法として注目を集めているものにマウスピースを装着する方法があります。
いくつかの治療方法が開発されており、ここでは、歯の動きに合わせてマウスピースをその都度装着して歯列矯正を進めていきます。
最大のメリットはほとんど目立たないことであり、装置自体も自分で取り外しができるために衛生面でも不安なく治療を行うことができます。
マウスピースはケースによって異なるものの20~60個の範囲で用意され、条件の1つとして規定された時間以上の装着を毎日行うことがあります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る