歯がなくなったとしてもインプラントがある

歯ブラシを持つ女性

歯周病や外傷などで、失った歯を取り戻す有効な処置法にインプラントがあります。
歯周病などで歯の機能を取り戻すには、部分的であればブリッジや入れ歯でも対処をすることができます。
一方インプラントは最大の特徴として骨への埋め込みによる固定性の高さがあり、入れ歯などとは異なりガタついたりせずに従来の歯のように噛む力が回復します。

インプラントのメリットは、まず、顎の骨にしっかりと固定するために違和感なく噛めることがあります。
また、噛む力が回復することで固いものも噛めるようになり、周囲の健康な歯や体にも良い影響を与えてくれます。
残っている歯への負担がないことや審美性が高いこともメリットの1つになり、見た目も自然で自分の歯に近い機能を回復することができます。

インプラントは、言葉としては人工の材料や部品を体に入れることの総称で用いられています。
歯科では歯を失った顎の骨に体に馴染みやすい材料で作られた歯根の一部または全部を埋め込み、それを土台としてセラミックなどで作った人工歯を取り付けることを指します。
基本的な構造は3つのパーツからできており、顎骨の中に埋め込む歯根部となるインプラント体、インプラント体の上に取付けられる支台部になるアバットメント、歯の部分に相当する上部構造にあたる人工歯があります。
具体的にはインプラント体はチタンやチタン合金で作られ、直径3~5mm程度、長さに関しては6~18mm程度の大きさを持ちます。
また、アバットメントにはチタンやチタン合金、ジルコニアなどが使われ、上部構造の材質にはレジン(プラスチック)やセラミック(陶器)、両方を混ぜたハイブリットセラミック、金合金などがあります。

インプラントは歯が無い人にとってはメリットが多く、入れ歯からの切り替えを検討するには最適な治療方法の1つです。
一方、受ける際には技術のあるクリニックを選ぶことが重要になり、内容をよく確認をした上で判断をする必要があります。
また、インプラントの費用も高額になることはあらかじめ認識しておきましょう。
まず種類があり、現在、日本においては20数種類が販売されています。
タイプとしてはワンピースタイプとツーピースタイプ、形状としてはスクリュータイプとシリンダータイプがあり、それぞれに特徴があります。
また、手術方法も1回法と2回法があり、骨の量が十分で硬い場合には1回法、骨の量が少なく骨移植が必要な場合や骨が柔らかいなどでは2回法が行われています。

インプラントでは上部構造の装着が治療完了ではないことを理解しておく必要があります。
長く持たせるためには日頃の手入れと観察が大切になり、手入れは歯科衛生士の指導の下で専用歯ブラシを使用して行うことがベストになります。
定期健診も重要な工程の1つです。
装着後は咬み合わせやエックス線撮影を通してインプラント体周囲骨の吸収状態などが検査されます。
通常、1年以内では1ヵ月、3ヶ月、6ヵ月と細かく定期検診が行われ、それ以降に関しては問題が無ければ年1回程度で検診を受けることになります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る