審美歯科のホワイトニングで見た目の向上

ホワイトニングした歯

歯には機能性から見た面と美しさから見た面の2つの要素があります。
一般歯科が機能面を受け持つのに対し、美しさに関するものは審美歯科が対応し、ホワイトニングはその中の1つになります。
ホワイトニングは最近ではよく目にすることができ、現在、自宅でも行えるものとして多くの商品が販売されてます。
1例を挙げれば歯の消しゴムがあり、この商品はペン状の先端についた研磨剤を含むシリコンで擦ることで歯の着色汚れやステイン汚れを落とすことができるようになっています。

ホワイトニングは自分の歯の色を白く明るくすることを指します。
理解しておきたいのは、歯に付着した歯垢や歯石、着色汚れを取り除くクリーニングとは異なるということがあり、正式には歯科医院で歯科医師の管理下の下で行う施術が該当します。

ホワイトニング剤は通販でも入手できますが、安全性を考えた場合には審美歯科の選択が最も適した方法になります。
審美歯科で使用される薬剤は過酸化水素を主成分に持ち、歯を白くする効果があります。
安全性の面から一般的には濃度約35%以下の物が使用されており、施術は歯以外の部分に薬剤が触れないように注意深く行われます。
漂白する主成分としては同じ効果を持つものとして過酸化尿素があります。
過酸化尿素は使用時に過酸化水素に分解され、例えば、過酸化尿素の濃度が10%であれば、過酸化水素では3%程度の濃度になります。
因みに通販などの商品では主に過酸化尿素の濃度を示しており、35%と高い割合で換算すると過酸化水素が10%含まれていることを意味しています。

ホワイトニングでは主成分である過酸化水素が歯の表面に付着した着色物質を細かく分解する働きがあります。
歯の表面はエナメル質で覆われていますが、その内部には黄色みがかった象牙質があり、エナメル質が半透明であることで透けて見え黄色みがかって見えることになります。
薬剤は表面のエナメル質を曇りガラス状にする効果があり、透けにくくすることで歯が白くみえます。

施術の種類には、大きく、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニング、ウォーキングブリーチの4種類があります。
それぞれに特徴があり、まずオフィスは効果的で即効性があり、短期間で歯を白くしたい人に適しています。
ホームはクリニックに通院することなく自宅で行うことができ、自分のペースで行えるというメリットがあります。
また、デュアルはオフィスとホームを併用した方法になり、最も高い効果が期待できます。
また短時間で白くできることやホワイトニング後の色の後戻りを防ぐことができます。
ウォーキングブリーチは、神経を除いた歯に適応できる漂白方法です。
歯の中に30%の過酸化水素水と過ホウ酸ナトリウムの混合物となる漂白剤を入れ歯の中から白くするようになっており、漂白剤は数回、新しいものに交換することで施術は行われます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る