ニコレットの副作用として頭痛、喘息が出た時の注意

ニコレットは禁煙を手助けしますが、煙草を吸わなくともニコチンを吸収させることが出来ます。ニコレットの使用量を徐々に減らすことでニコチンの摂取も徐々に減らすことが出来、最終的には使用をしなくすることでニコチンの摂取をしない、つまりは禁煙に繋がることが出来ます。しかしニコレットの使用に関して注意事項があります。
ニコレットはうつ病と診断された人や妊婦、あごの関節に障害がある人など、使用できない人がいます。そのため購入する前には薬剤師に相談したり、使用上の注意をしっかりと確認してから購入しましょう。また使用する際に注意しなければならない人もいます。他の薬を使用していたり、治療中の病気がある場合は使用前に医師に相談するようにしましょう。またアレルギー体質の人は何かしらの反応が出る場合があるので、購入前に薬剤師などに相談すると良いでしょう。アレルギー反応と言っても出る症状は様々で、軽症で済む場合もありますが、喘息の様な呼吸系に酷い症状が出たり頭痛やめまいのような症状が出る場合があるので、注意が必要です。ニコレットを使用して身体に異変が出た場合は、使用を中止し、医療機関で診察し、医師に相談しましょう。自己判断で使用の継続を決めると、後に重篤な副作用を引き起こす可能性もあります。アレルギー体質の人は注意が必要です。
ニコレットを使用しての禁煙までは3ヶ月とされています。仮にその期間内で禁煙することが叶わず、3か月以上経過してでもニコレットによる禁煙を目指す場合は、一度、医師や薬剤師に相談をしてください。たかがガムじゃないか、と思うかもしれませんが、ニコチンをタバコ以外の方法で身体に摂取させることの出来る方法なので、長期間使用するとニコチン依存がニコレットに引き継がれる可能性があります。また6か月を超えての使用は禁止されているので、その点でも注意が必要です。
正しく使用して禁煙を目指しましょう。

トップページへ