インビザラインの出現で歯列矯正も目立たない

インビザラインは従来の歯列矯正とは全く異なる治療法です。
1997年にアメリカのアライン社によって開発され、日本では2006年2月より正規導入が行われています。
最大の特徴は目立たない歯列矯正法となっている点です。

歯列矯正の方法として広く知られているものにワイヤー矯正があります。
ワイヤー矯正には他から見えるという難点があり、そのために治療に踏み切れないといった人も多くいました。
インビザラインは装着していても外見上ほとんどわからず自分でも脱着をすることができます。
また、自由に取り外しできることで食事後の歯磨きもいつも通りにでき衛生的です。

インビザラインではコンピューターを使用することで歯の移動を三次元にシュミレートし、透明なマウスピースを作成し装着することで歯列矯正を行います。
具体的にはマウスピースを食事と歯ブラシ以外の1日20時間以上装着し、2週間ごとに交換しながら治療を進めていきます。
また、メリットの1つに初診時の模型ですべての型が作成できるため、毎回型取りする必要がありません。

インビザラインの難点に適応症が定められていることがあります。
全てのケースに効果があるわけではないために、受ける際には治療が可能かどうか歯並びの状態の確認が必要です。
まず、適応症としては非抜歯で治療可能な症例、歯の根の移動が必要ない抜歯症例、ブラケットによる最終治療のできる抜歯症例、1日20時間以上の装着が可能な人が該当します。
一方非適用症例は、歯のがたつきの強い抜歯症例、上下の顎の位置に前後、左右のズレのある人になります。

治療が見えにくい歯列矯正には、他にクリアアライナーがあります。
クリアアライナーも新しく開発された透明な矯正装置を用いた治療法になり、インビザラインとほぼ同様な内容となります。
インビザラインと異なる点はさらに薄く審美性が高いこと、装置製作までの時間が短いこと、治療中に虫歯の治療が可能な点があり、難点に、毎回歯型を取らなければならないことがあります。

インビザラインとクリアアライナーは理論的には同じ内容になります。
また、費用・治療期間ともに近いものがあり選択では迷うこともあります。
大きく異なるのは制作方法です。
まず、インビザラインはアメリカのカリフォルニアで作られるため、完成まで2ヶ月弱かかります。
一方クリアアライナーは東京で作られており、10日程度で出来上がるため、その分早く治療を始めることができます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る