ニコレットは貼るタイプとガムどちらがいいのか?

禁煙のサポートに用いるニコレットは貼るタイプとガムの二種類があります。多くの人はガムのタイプしか知らないものの、貼り付けるだけでニコチンを徐々に放出してくれる貼るタイプのものもニコチン依存症の解消のために用いることができます。煙草をやめようとしてもやめられないという人の多くはニコチン依存症になってしまっていることが大きな原因となっており、その解消を行えるのがニコレットとして知られています。しかし、貼るタイプとガムの二種類があるとどちらがより効果があるのかと考えてしまうでしょう。効果という見方を科学的に見てしまえばどちらも同じものです。煙草のかわりにニコチン源として働いてくれるというのがニコレットであり、その効果は貼るタイプでもガムでも同じことを期待できるでしょう。しかし、違うのは使い方であり、ただ貼るだけか、口の中に入れて適切に使用する必要があるかということです。ガムを食べることによって口元を紛らわせてしまい、禁煙のサポートにするというアプローチは昔から禁煙のためによく用いられてきた方法であり、ニコレットのガムにはそういった効果を期待できます。しかし、ただガムを噛むのとは違って適切な使用方法が指示されており、それにしたがって使用するというのは人によってはストレスになります。また、ガムを噛むということ自体が嫌いである人もいるでしょう。一方、高齢者のようにガムをうっかり飲み込んでしまってのどに詰まらせてしまうという可能性がある人もいます。そういった人たちにとっては貼るタイプの方がストレスの軽減や安全のために有用です。どちらを選ぶかはその個人の好みで良く、安全に好んで使用できるならガムの方が口元を寂しく思わずに済むでしょう。

■禁煙するならこちらの薬もおすすめ
チャンピックス

トップページへ