現代の歯科医院では、患者のニーズに合わせて様々な処置を施してくれます。
もちろん、口腔内に病変がある場合は、それを治すための適切な処置が施されますが、定期検診などで通っているケースでも、虫歯や歯周病を予防する上で必要となる処置を施してくれます。
まず、定期検診などで歯科医院を訪れると、口腔内に関する悩みがないかどうかを聴取されます。
ですので、痛みや違和感がある歯があったり、口臭が気になったりする場合は、最初の問診の段階で歯科医師にきちんと伝えましょう。
そうした患者からの訴えを聞いた上で、歯科医院の歯医者は口腔内を念入りに診察してくれます。
特に、歯や歯茎など具体的な悩みや自覚症状がある場合は、もうすでに何らかの異常が生じている可能性が高いです。

例えば、定期検診で歯科医院を受診した場合、歯石を除去したり、表面に付着したプラークを取り除いたりすることが基本的にはメインとなります。
これらを除去することを専門的にはPMTCと呼び、歯科医師や歯科衛生士しか使用することができない器具を使って、歯のクリーニングを行います。

やはり、歯の専門家でなければ取り除けないプラークというものはありますし、ましてや歯石となると、とても硬い物質ですので歯ブラシで除去することはほぼ不可能なのです。
そういった意味で、歯科医院を定期検診で訪れることは非常に有意義といえるでしょう。
また、歯垢は虫歯の原因になり、歯石は歯周病の原因となりますので、これらを徹底的に除去することは予防歯科の観点からも有意義であるといえるのです。
その他、現代の歯科医院では患者に対してデンタルリンスの必要性を促したり、セルフケアの方法を指導したりしてくれますので、普段から磨き残しがあるような人は是非とも一度、プロフェッショナルのブラッシング指導を受けてみましょう。

これまでどうしても磨き残しがなくならなかった人でも、ブラッシングのコツを教えてもらうことで、家に帰った後も適切なセルフケアを実施できるようになります。
それから、口臭が気になるという人も、デンタルリンスを活用することでその症状が改善され、口が臭いという悩みを解決するきっかけとなることもあります。
ですので今現在、歯を含めた口腔内の悩みを持っている場合は、まず歯科医院を訪れて専門家の意見を聞いてみましょう。
歯科医院の定期検診では、そうしたブラッシング指導やオーラルケアの悩みを解決するのがひとつの大きな目的ともなっています。
また予防歯科の処置を施すこともひとつの目的といえます。

東京やその近辺に住んでいる方は日々の登校や通勤で慌ただしく、時間がなかなか取りにくい方がいるかもしれません。
口内に痛みや腫れなどの異常が見られても放置しがちなところがあるかと思います。
そういった方は、茅場町の歯科医院に行くと良いでしょう。
歯科予防に力を入れた治療をしてくれるはずなので、口内の悩みを抱えずに生活できるようになるはずです。

勘違いしがち!差し歯とは全く違う!

女性の美しい歯

現代の歯科医院では、歯に詰め物をしたり歯に被せ物をしたりと、様々な治療法を実施しています。
その材料として金属を使うこともあれば、レジンと呼ばれるプラスチックを使うこともあります。
ただ最近では、強度が高く見た目も美しいセラミックが使われることも非常に多くなってきています。
特に、差し歯のような大部分が人工歯の装置では、セラミックを使った方が見た目がよくなることが多いです。
ちなみに、差し歯というのはかなりの部分の歯質が失われた症例に対して適応される治療法ですので、外から見えている部分はほぼ人工の材料と考えて良いでしょう。
別名クラウンと呼ばれるこの装置は、基本的にまだ根っこが残っている部分に被せるもので、完全に根っこまでなくなった症例では、人工の根っこを埋め込むこともあります。
この治療法は、現代の歯科医院で多く実施されているもので、顎の骨に金属製のネジを埋め込み、人工の根っことすることで土台を形成します。
ですから、よく勘違いされがちなのですが、この治療法は差し歯とは全く違うものであるということを知っておいてください。

その違いというのは、単に根っこまで人工物であるというだけでなく、全ての部分を天然の歯に近い状態まで回復できるため、ものを噛んだ時の感覚に優れ、装置を装着した際の違和感などが少ないというメリットが存在しているのです。
この違いについては、専門的な知識が希薄な一般人からすると非常にわかりにくい点ではありますが、それでも決定的な違いがあるということだけは知っておきましょう。
その他、ブリッジや入れ歯と呼ばれる装置を装着するという選択肢もありますが、やはり人口の根っこを顎の骨に埋め込む治療が、ある意味では最も優れているといえるでしょう。
とはいえ、治療費が比較的高くなったり、治療期間が少し長くなったりするというデメリットも存在していますので、全ての人にとって最高の治療法であるとは言い切れません。
ですから、治療法というのはケースバイケースで選択するのが最も賢い方法だといえるでしょう。
保険適応の範囲内で治療を受けるのもよし、自費診療で最高の材料を使った最先端の治療法を受けるもよし。
その選択は、個々人の価値観や経済状況によって大きく変わるものだといえます。
現代の歯科医院は、そうした患者ひとりひとりのニーズに合わせて、最適な治療法を選んでくれるはずです。
もちろん、沢山の選択肢を提示し、それを実際選ぶのは患者自身となっています。

最近の記事

  1. 2018.5.3

    インビザラインの出現で歯列矯正も目立たない

    インビザラインは従来の歯列矯正とは全く異なる治療法です。 1997年にアメリカの…

  2. 2018.3.30

    オールオン4という歯を全て失った時の治療方法

    近年よく見聞きするオールオン4というインプラント治療ですが、これは歯をほとんど失…

  3. 2018.3.2

    子供の歯列矯正を考えたら、まずは歯医者へ

    子供の歯並びについてはまず小学校の歯科検診で指摘を受ける場合が多いです。 学校…

  4. ホワイトニングした歯

    2018.1.28

    審美歯科のホワイトニングで見た目の向上

    歯には機能性から見た面と美しさから見た面の2つの要素があります。 一般歯科が機…

  5. 歯並びの治療

    2017.12.28

    矯正歯科を活用すれば歯並びはよくなる

    歯並びを治す治療に歯の矯正があります。 治療は矯正歯科で行われ、出っ歯やすきっ…

  6. 歯ブラシを持つ女性

    2017.12.7

    歯がなくなったとしてもインプラントがある

    歯周病や外傷などで、失った歯を取り戻す有効な処置法にインプラントがあります。 …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る